社労士試験の合格率の推移からわかる3つのこと

社労士, 合格率

平成23年度の、社労士試験の合格率は7.2%でした。
この数字だけでは、高いのか低いのか、いまひとつピンとこない部分もあるかもしれませんが、実は「7.2%」という合格率は、ここ10年でもっとも低い数字でした。社労士試験の合格率の推移をまとめると、このようになります。

 

受験者数(人)

合格者数(人)

合格率(%)

平成14年度

46,713

4,337

9.3

平成15年度

51,689

4,770

9.2

平成16年度

51,493

4,850

9.4

平成17年度

48,120

4,286

8.9

平成18年度

46,016

3,925

8.5

平成19年度

45,221

4,801

10.6

平成20年度

47,568

3,574

7.5

平成21年度

52,983

4,019

7.6

平成22年度

55,445

4,790

8.6

平成23年度

53,392

3,855

7.2

平均

49,864

4,321

8.7

この表から、以下の3つのことを読み取ることができます。

その1:社労士試験の受験者数は増加傾向にある。
ここ10年における、社労士試験の受験者数の平均は49,864人です。しかし、直近の3年に限って見てみると、平成21年度は52,983人、平成22年度は55,445人、そして平成23年度は53,392人と、いずれも5万人の大台を超えていることがわかります。その背景に、不況による資格取得熱の高まりがあることは間違いないでしょう。加えて、平成19年4月の社労士法改正に伴いスタートした「特定社労士」制度が普及し、社労士の社会的ステータスが高まりつつあることも、受験者数増の一因かもしれません。いずれにしても、これから社労士試験に挑戦しようと考えている受験生たちにとって、ライバルが増えている、すなわち試験の厳しさが増していることは事実です。

その2:社労士試験は難化傾向にある。
合格率10.6%というイレギュラーな年度(平成19年度)こそありましたが、社労士試験の合格率は8%前後で推移していることがわかります。ここ10年における、社労士試験の合格率の平均は8.7%ですが、しかし、問題の平成19年度の前後では、合格率の傾向はだいぶ異なります。平成19年度以前の合格率は、すべて8.5%以上で、9%以上の年度なども見受けられます。対して平成20年代に入ってからの合格率は、8%台が1回、あとはすべて7%台になっています。このことからも、社労士試験は難化傾向にあることがわかります。

その3:社労士試験は、約4,000人が合格できる試験である。
社労士試験の受験者数は増加傾向にあるということは、受験生にとってライバルが増えていることを意味します。そして、合格率からもわかる通り、社労士試験は年々難しくなっています。しかしその一方で、毎年4,000人以上もの合格者が出ていることもまた事実なのです。

>>合格率が低い社労士攻略法はこの方法ですね!