合格率を高めるための学習スタイル

社労士, 合格率

社労士試験の合格率を高めるための方法を、科目別・出題形式別に見てきましたが、では、それらをいざ実行に移すとき、どんな方法で行うのが効果的なのでしょうか?このページでは、社労士試験における受験勉強の仕方について、学習スタイル別に解説したいと思います。

合格率を高めるための「独学」勉強法

一般的には、社労士試験の受験に際しては、独学は不利とされています。理由のひとつ目は、社労士試験は法律系の資格試験であり、初学者が一人でテキストを読むという方法では内容の理解が容易でないため。理由のふたつ目は、学習範囲が膨大であり、一人では学習のペース配分が難しいためです。しかし独学にもメリットはあります。それは、独自のスタイルで学習できる点です。たとえば、オリジナルの学習ツールを用いた勉強なども、そのひとつでしょう。多少の試行錯誤は必要かもしれませんが、自分なりの学習スタイルが確立できれば、お仕着せの教材を用いる通学や通信講座と比べて、理解を格段に高めることも期待できます。

合格率を高めるための「通学」勉強法

通学という学習スタイルの最大のメリットは、受験指導校の"プロのノウハウ"を最大限に活用できる点にあります。言うなれば、通学とは、その受験指導校と運命共同体になることを意味します。ここで重要なのが、途中で決して浮気をしないことです。受験勉強の途中で「他所の学校やテキストの方が良さそう」に思えることもあるかもしれませんが、あちこちに手を出して、すべてが中途半端に終わる、というのはもっとも避けなくてはいけないことです。通学という学習スタイルを選んだなら、その学校のノウハウを信じて、やり切るようにしてください。

合格率を高めるための「通信」勉強法

社労士試験受験用の通信講座はたいへん充実しています。講座によっては、通学と比べて、何ら遜色のない内容(それなのに価格は通学よりも安い!)のものもあります。運よく、そうした講座を選ぶことができたなら、あなたの合格率はぐっと高まることでしょう。その一方で、通信講座の中には、派手な宣伝文句とは裏腹に、中身の伴っていないものなども少なくありません。通信という学習スタイルを選ぶ上で何よりも大切なのは、実は、内容の充実した良質な講座をきちんと見極めることなのかもしれません。

>>合格率が低い社労士攻略法はこの方法ですね!